歯の痛みはすぐに対処しましょう~虫歯治療~

歯の痛みはすぐに対処しましょう~虫歯治療~

田園調布の髙山歯科医院では、小児歯科にも力を入れ、お子様の虫歯予防、治療を行っています。虫歯は、進行すれば大きな痛み以外にもお子様の成長にとって大きな問題を引き起こします。そのまま放置すると歯並びも悪くなる可能性があります。歯の健康は体全体の健康につながるのです。

ここでは、虫歯の治療方法について、また虫歯菌感染を防ぐための予防法について紹介しています。虫歯と思われる症状が出たら、早めに受診して適切な治療を行いましょう。

虫歯かな?と思ったら一度ご来院ください

虫歯かな?と思ったら一度ご来院ください

食べかすに含まれている糖分を栄養にして、プラークの中に繁殖した虫歯菌が強い酸を発することで歯を溶かす症状を虫歯といいます。虫歯は、進行してしまうと歯を削って処置しなければならなくなります。しかし、少し削っただけでも歯にとっては大きなダメージとなり、歯の寿命を縮めてしまう原因になります。

天然歯よりも優れた人工の歯は存在しません。自分の歯を長く維持させるために、少しでも虫歯かな?と思ったら早めに歯科医を受診することをおすすめします。

虫歯の進行と治療方法

進行段階 症状 治療法
C0
C0
歯を覆っているエナメル質がわずかに溶かされた状態の虫歯です。歯の表面が白濁し、痛みはまだありません。 歯ブラシを適切に使用してブラッシングし、フッ素を塗布することで治癒が可能です
C1
C1
虫歯菌によるエナメル質の溶解が進み、歯の表面が茶色、または黒くなります。冷たい飲み物や氷などが歯にしみる場合があります。 虫歯部分を削って、歯科用プラスチック(レジン)を詰めます。
C2
C2
溶解がさらに進み、エナメル質を貫通して内側の象牙質まで浸食がすすんだ虫歯です。冷たいものだけでなく甘いものでも歯にしみます。痛みも出てきます。 虫歯の部分を削り、レジンや金属などを詰めて補てんします。
C3
C3
象牙質も貫通し、神経まで達した虫歯です。神経が露出しているため、強い痛みが常にあります。 虫歯菌に浸食された神経を除去する根管治療を行います。治療後は金属やセラミック等を被せて歯を復元します。
C4
C4
もっとも重い段階の虫歯です。歯冠部分がほとんど失われて神経も機能しないため痛みを感じなくなりますが、歯根が化膿すると強い痛みが生じます。 抜歯を行わなければいけません。歯を抜いた後はインプラントを埋め込んだり、入れ歯を装着したりするなどして咬む機能を復活させます。

歯の根の治療で歯を残す~根管治療~

歯の根の治療で歯を残す~根管治療~

虫歯菌が歯の神経まで達した場合に行うのが「根管治療」です。歯の神経や血管が入った細くて複雑な管(根管)から汚染した組織を除去し、消毒後に薬剤を充てんします。通常は抜歯が必要となるケースでも、根管治療によって歯を残せる確率が高まります。ただし、根管はその複雑な形状から治療が難しく、歯科治療のなかでも高い技量が求められます。

当院では多数の治療実績がありますので、神経まで達した虫歯で抜歯となるケースでもできるだけ歯を残せるように努めています。まずは一度ご相談ください。

歯の痛みは知覚過敏かもしれません

歯の痛みは知覚過敏かもしれません

歯がしみる場合、虫歯ではなく知覚過敏になっている可能性もあります。知覚過敏とは、歯の表面を覆うエナメル質が薄くなったり、歯ぐきが縮んで歯の根元のエナメル質で覆われていない部分が露出したりすることで、神経を刺激しやすくなる症状です。

原因としては歯周病が進行している、咬み合わせの異常や歯ぎしりによって歯が削られている等が考えられます。一時的に歯がしみるだけで症状が治まる場合もありますが、歯のしみる状態が継続するようであれば、コーティング剤を塗布したり、ナイトガードを装着しブラキシズムを抑えたりして、刺激を軽減しなくてはなりません。痛みが出たら速やかに受診されることをおすすめします。

子どもの歯を守りたい~小児歯科~

お子さんの虫歯をチェックしましょう

お子さんの虫歯をチェックしましょう

永久歯と比較して、虫歯になりやすいのが乳歯です。お子さんの歯に問題はないかどうか、以下の簡単なチェックリストをご覧ください。当てはまる項目がある場合は早めに診察を受けることをおすすめします。

チェック 歯が茶色になったり、白く濁ったりしている
チェック 冷たい物や甘い物を食べると「歯が痛い」「しみる」と言うことがある
チェック 食事の後のブラッシングを嫌がり、行っていない
チェック 食事の後に口をゆすがない
チェック 甘い物を食べることが多い
チェック 以前に虫歯治療を行っている
チェック 食べ物のカスが歯の間につまりやすい
チェック 口の臭いが強い
チェック 親御さんや兄弟等、家族が虫歯になりやすい

虫歯の感染経路について

虫歯の感染経路について

虫歯菌は人の口を介して移るといわれています。生まれたばかりの赤ちゃんには、虫歯菌がいませんが、生後1歳7ヵ月から2歳7ヶ月の間に、大人たちとの接触によって虫歯菌が口腔内に入り込むのです。

虫歯菌に感染する時期を遅らせることができれば、成長した後に虫歯になる可能性が減少するという報告データもあります。お子さんに虫歯菌が感染しないよう配慮し、大人になるまで歯が健康であるならば、生涯虫歯ゼロということも可能なのです。感染症である虫歯には正しい知識と対策でのぞみ、お子さんの歯を守ってあげることが重要になります。

小児予防メニュー

小児歯科における虫歯予防は、以下の通りです。

シーラント
シーラント
シーラントとは、食べ物のカスがたまりやすくブラッシングがしにくい奥歯の溝に樹脂を埋め込み、奥歯を滑らかにして虫歯を予防する方法です。ブラッシングがしやすくなり、食べカスがたまりにくくなります。
フッ素塗布
フッ素塗布
歯質を強くし、虫歯菌から発生する強い酸の影響を受けにくくする効果があるフッ素を歯の表面に塗る虫歯予防法です。歯の再石灰化効果もあるのでごく初期の虫歯を治癒することも可能です。
ブラッシング指導
ブラッシング指導
正しいブラッシングの方法を身に付けていないお子様は多いです。歯医者の専門的な指導によって、磨き残しのないブラッシングを習得できます。お子様に向けたやさしい指導ですのでご安心ください。
食育について

食育について

栄養バランスのとれた食事を摂ることで、お子さんの体や歯・あごは健やかに育ちます。気をつけたいのは朝昼晩の食事に加え、間食(おやつ)の摂り方です。不規則な時間に間食(おや)を摂らせたり、甘いものを与えすぎたりするのは虫歯の原因になります。食後には必ず正しいブラッシングをさせましょう。仕上げ磨きもお忘れないようにしてください。

間食(おやつ)タイムが大切です

食べかすに含まれている糖分を栄養にして、プラークの中に繁殖した虫歯菌が強い酸を発することで歯を溶かす(脱灰)症状が虫歯です。初期の虫歯であれば適切な歯ブラシやフッ素塗布で再石灰化を促し、虫歯を防ぐことができます。しかし、食べ続けたり、甘いものを一日中飲 んだりしていると脱灰が続き、再石灰化している時間が少なくなり、結果虫歯は進行してしまいます。とは言え、お子様にとって、間食(おやつ)は楽しみの1つ。そこで、間食(おやつ)のタイミングを意識して虫歯になりにくい食生活を送ることを心掛けてはいかがでしょうか? また、現代は食事が多様化しているため、間食(おやつ)は何を摂らせれば良いか迷うことがあると思います。しかし、必ずしも甘いお菓子やジュースではなく、おにぎりや焼きイモでもいいはずです。うまく工夫した間食(おやつ)タイムを作って、お子様のお口の健康を守ってあげましょう。

間食(おやつ)タイムが大切です

お子さんの歯並びが気になる

お子さんの歯並びが気になる

お子さんが指をしゃぶったり頬杖を突いたりする癖がある場合、歯並びが悪くなることがあります。その他、口呼吸、丸飲み、爪を咬むといった癖は歯並びを乱す原因になるため、注意が必要です。

上に戻る