銀歯や歯の黄ばみを白くしましょう

銀歯や歯の黄ばみを白くしましょう

田園調布の髙山歯科医院では、口元の美しさに重点を置いた審美歯科治療を行っています。かつて虫歯治療後の詰め物には銀歯を使うことが一般的でしたが、見た目が悪く、また金属アレルギーのリスクがありました。ところが近年では銀歯に代わり、見た目が自然なセラミック製の詰め物・被せ物の普及が進んでいます。当院では患者様の状況に合わせて素材を使い分けて審美歯科治療を行っています。また、黄ばんでしまった歯を白くするホワイトニングについてもご相談ください。

銀歯を白くする~審美歯科~

  • 銀歯を白くする~審美歯科~
  • 銀歯を白くする~審美歯科~

審美歯科とは、美しい外見を持つ機能的な歯と口元を取り戻すための歯科治療です。「以前に虫歯治療で詰めた銀歯が取れてしまったので、これを機会に白い歯にならないだろうか」といった患者様の相談を受け付けています。

銀歯のリスクについて

虫歯治療に使う銀歯は、主に金銀パラジウム合金がもとになっています。健康保険が適用されるため、最低限度の安全性はありますが、実はいくつかのデメリットがあります。

デメリット1 外見に問題あり
白い歯の中に銀色の歯があると、見た目が不自然になってしまいます。
デメリット2 歯ぐきが黒ずんでしまう
銀歯の金属成分がイオン化して溶け出すと、金属イオンが歯ぐきに沈着して黒ずんでしまうのです。
デメリット3 金属アレルギーの危険性

金属イオンが溶け出して体内に入ってしまい、金属アレルギーを発症する原因となる場合があります。肌荒れやかぶれ、だるさが続く等の体調不良は、銀歯に由来する金属アレルギーの可能性があります。

これらのデメリットを解消した素材がセラミックです。金属ではないためアレルギーのリスクもなく、見た目も健康な歯と遜色がありません。

審美歯科素材

オールセラミック

オールセラミック

全てセラミックで作られた素材です。被せ物や詰め物に使用します。透明感があり、自然な白さが特徴です。金属ではないのでアレルギーも起こりません。

メタルボンド

メタルボンド

金属フレームにセラミックを焼き付けて被せ物に用います。オールセラミックよりも透明感が不足しますが、セラミックの審美性と金属の強さを両立させた素材です。奥歯など咬む力が強くかかる部分に使用できます。

e-max

e-max

主成分はニケイ酸リチウムガラスであるため、金属アレルギーの心配はありません。外見が美しく仕上がる、耐久性があり曲げにも強い素材です。歯と接着する際にもよく定着するため、虫歯になりにくいのも長所のひとつです。

歯の黄ばみを白くする~ホワイトニング~

歯の黄ばみを白くする~ホワイトニング~

ホワイトニングは、歯の黄ばみを白くする方法です。歯の黄ばみは加齢や色素の強いカレーや紅茶、コーヒー、赤ワインなどの飲食物の摂取、喫煙が原因で起こります。他にも様々な要因で歯は黄ばんでいきます。ホワイトニングは審美性を高めるために重要な施術。体にやさしい薬品を使用して、理想的な白い歯をご提供します。

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

患者様専用のマウストレーを作製し、自宅で低濃度の薬剤を塗布して装着。一回で約1時間、上あごのみでも約1週間から2週間の装着が必要です。個人によって効果に差はあるものの、長時間かけて薬剤を深くしみこませるため、一般的にオフィスホワイトニングよりも効果が長続きします。

STEP1 STEP2 STEP3
STEP1 STEP2 STEP3
薬剤を歯医者で作製したマウストレーに塗ります。 薬剤を塗ったマウストレーを歯に装着します。 2~3週間継続して、夜寝る前に装着すると効果があらわれます。
オフィスホワイトニング

ホームホワイトニングのときよりも高濃度の薬剤を使用し、さらにLEDライトで照らすため、ホームホワイトニングよりもホワイトニング効果が高く、短期間で効果が出ます。個人差はありますが、一般的に2週間ごとに3回行うと歯が白くなったことが実感できます。少しでも早く歯を白くしたい、とにかく早く前歯だけ白くしたいという方におすすめします。

STEP1 STEP2 STEP3
STEP1 STEP2 STEP3
高濃度の薬剤が歯肉につかないよう処置した後、歯に薬剤を塗ります。 LEDライトで歯を照らします。 2週間ごとに約3回施術します。3回目からホワイトニング効果を実感できます。

上に戻る