歯を失ったら放置せずにすぐに対処しましょう

歯を失ったら放置せずにすぐに対処しましょう

田園調布の髙山歯科医院では、歯を失ったときの補綴治療として入れ歯ブリッジインプラントの治療を行っています。歯並びや顎の骨などの状況は患者様によって異なるため、精密な診断と高度な技術で違和感の少ない入れ歯やインプラントを作製。また、素材によって仕上がりが異なり、保険適用の可否によって価格に差があるため、様々なプランを用意して最適な治療方法をご提案しています。

歯を失った状態を放置したらどうなる?

歯には食べ物を咬み砕く、話すときにきちんと発音する、身体全体のバランスを調整するなどの様々な役割があります。しかし、虫歯や歯周病、ケガなどによって歯が抜けたり破損したりすることがあります。その時にはそのままにせず、早めに当院へお越しください。

口腔内はほかの人から見えるところではありませんが、歯が失われたすきまに周囲の歯が倒れてきたり咬みあわせの歯が伸びてきてしまったりと、歯列が乱れて汚れが溜まりやすくなりさらに歯を失うリスクが高まるのです。歯を失うと、見た目が悪いのはもちろん、きちんと咬めない、うまく話せない、さらに頭痛や肩こり、めまいなど全身に不具合が出て、そして残っている歯も抜けやすくなりますから、すぐに歯科医院に受診して適切に治療しましょう。

歯を失った際の選択肢

  メリット デメリット
入れ歯
  • 保険適用可能なため治療費が安い
  • 1ヶ月程度で完成する
  • 作製時は型をとるだけ、取り外しができ扱いやすい
  • 多くの症状に対応可能
  • 容易に調整できる
  • 咬む力を維持することが難しい
  • 使用する際に違和感がある
  • 見た目があまりよくない
  • 部分入れ歯に用いる金属バネが口腔内の負担になる
入れ歯
歯型をとって人工の歯をつくり、装着する
ブリッジ
  • 自然な見た目に仕上がる
  • 違和感なく使用できる
  • 保険適用可能な素材がある
  • 両隣の歯を削るので負担が大きい
  • 削った歯を失ってしまう可能性が高い
ブリッジ
橋のように作った人工歯を左右の歯を支えに装着する
インプラント
  • 強く咬む力を確保できる
  • 外見に違和感がない
  • 違和感なく使用できる
  • 他の歯に負担がかからない
  • 保険適用がないため値段が高い
  • 外科手術を行うため体への負担が大きく、症状によっては治療が難しい
インプラント
人工歯根を顎の骨に埋め込んで、その上に人工歯を設置する

治療用義歯

治療用義歯

自身のお口にピッタリ合った入れ歯を使っていただくために、当院では治療法の義歯を採用しています。トレーニング用の義歯を使っていただき、お口に馴染むまで、バランスの改善や正しい顎の位置へ調整を重ね、最終義歯を作るための方法です。

治療の流れ
1.トレーニング用の義歯作製 2.バランスの改善、調整 3.最終義歯の作製
1.トレーニング用の義歯作製 2.バランスの改善、調整 3.最終義歯の作製

入れ歯治療の流れ

入れ歯の治療過程は以下の通りです。

今使っている入れ歯の調整
今使っている入れ歯に不具合がないか確認した後に新しい入れ歯を作製します。新しい入れ歯が完成するのは3週間から1ヶ月以上かかるのが一般的です。それまで使用する入れ歯に不具合がある場合は修整します。

矢印

虫歯や歯周病の治療
入れ歯は他の歯を支えにするため、残っている歯に虫歯や歯周病がある場合は治療を完了しておくことが必要です。

矢印

1回目の型の作製
口腔内の型をとり、全ての歯の状態や生えている向き、顎の形が把握できるよう歯型を作製します。状況によっては調整用入れ歯を作製することがあります。

矢印

】型枠から最終的な型の作製
歯型を使用して、患者様のお口に合った型を取る道具を作製します。入れ歯は一人ひとり違う形になるので、安定するように正確な型が必要なのです。

矢印

咬み合わせ等各所の調整
上下の顎にしっかり合うか、高さや左右の位置を調整し、不具合がないように咬みあわせを決定します。これは入れ歯治療でもっとも重要な調整となります。

矢印

人工歯を並べて調整
赤いロウでつくった歯ぐきの模型に人工歯を並べて歯並びや咬みあわせを調整します。歯並びを改善も可能です。

矢印

入れ歯の完成
完成した入れ歯を装着して最終調整を行います。しかし治療は終わりではありません。入れ歯の使用法や手入れのやり方について説明いたしますので、正しい使用を心がけて少しでも長く快適に入れ歯を使えるようにしましょう。

入れ歯の種類

レジン床

レジン床

人工歯を植えてある床部分がレジン製の入れ歯です。保険適用なので安価なうえ、短期間で作製が可能です。調整や修理も比較的容易です。しかし、床が厚くて見た目がいまひとつで装着時に違和感があり、硬い食べ物が食べにくいという欠点があります。

コバルトクロム床

コバルトクロム床

コバルトクロム製の床を用いた入れ歯です。金属アレルギーになりにくく、強度が高いコバルトクロムは床が薄く作れるため違和感が少ないのです。また、金属床の中では最も安価な素材です。

白金加金床

レジン床

白金加金はプラチナのことです。金属アレルギーになりにくく、精密加工も容易です。違和感が少なく、口腔内にぴったりフィットします。しかし貴金属のため高価で、重いというデメリットがあります。

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療

当院ではインプラント治療時に状況に応じてi-CATシステムを用いたCT撮影を行っています。レントゲン撮影では顎の状態が詳細に把握できない場合等、精密な診断が可能です。また、手術のシミュレーションもできるため、インプラント治療がより安全で確実になります。さらにインプラント挿入時の歯のイメージを明確にするため、ステントと呼ばれる器具を使用しています。真ん中の穴が埋入時の位置や方向のガイドとなります。また外側に鉛箔を付けているので、歯の外形がCTで撮影できるのです。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

上に戻る