成人の多くが悩む歯周病

成人の多くが悩む歯周病

田園調布の歯医者「髙山歯科医院」では歯周病治療にも対応しています。歯周病は日本人の8割が患っている、あるいは予備軍となっている病気であり、歯を失う原因の第一位といわれています。重度の歯周病になると、最終的には歯を支えている顎の骨が溶けて歯が抜け落ちてしまうことがあるのです。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病と全身疾患の関係

また、近年の歯科治療に関する研究によって、歯周病菌や菌が発する毒素が全身に回り、他の病気の発症や悪化と深く関わっているということがわかっています。

たとえば、歯周病菌の毒素が血管を収縮させ、血行を阻害するという研究結果が出ています。血行不良は脳梗塞や心筋梗塞と関連性が高いといえます。他にも誤嚥性肺炎や妊娠中の母体への影響も心配されているのです。

歯周病の治療は、これらの病気を予防することにつながりますので、歯ぐきの腫れや出血など歯周病の症状が見られた場合は早めに受診されることをおすすめします。

歯周病と併発すると怖いブラキシズム

歯ぎしりは歯周病を促進する

歯ぎしりは歯周病を促進する

歯ぎしりは歯ぐきに強い負担をかけています。ひどくなると歯ぐきが炎症を起こすため、歯周病を悪化させます。

顎の骨を失う原因になることも

顎の骨を失う原因になることも

ブラキシズムと歯周病を併発することによって、歯を支えるアゴの骨(歯槽骨)をすり減ってしまうこともあります。

早急な対処のすすめ

早急な対処のすすめ

歯周病もブラキシズムも歯や口腔内に大きな負担をかけるのです。早めに受診し、適切な治療を行わなければいけません。

歯周病の症状と治療法

歯と歯茎の間のすきまである歯周ポケットの深さが歯周病の進行具合を表します。

歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯周ポケットの深さ3mm程度 歯周ポケットの深さ4mm程度 歯周ポケットの深さ6mm程度 歯周ポケットの深さ8mm程度
ブラッシング時に頻繁に血が出る場合は歯周病を疑いましょう。歯ぐきに軽度の炎症が出てきているのです。 顎の骨の溶解が始まっており、歯ぐきが腫れて口臭がきつくなり、冷たいものがしみたりします。 顎の骨が半分溶け、口臭、出血、歯ぐきの腫れがあります。歯が浮いたような感触がして、指で押したときにグラグラします。 顎の骨が6割以上溶解し歯の根元が露出、完全に不安定になっている状態です。このままでは歯が抜け落ちてしまいます。
初期歯周病の治療法

プラークとプラーク石化した歯石に歯周病菌が繁殖します。歯石除去とプラークコントロールによって、歯周病が進行しないようにします。歯周病治療は以下の方法で行います。

スケーリング ルートプレーニング
スケーリング ルートプレーニング
スケーラーという器具を使用し、ブラッシングで落ちない歯石を除去します。 キュレットという専用器具を用いて、スケーリングでも落ちない歯石を取り除きます。歯の表面を滑らかにして歯石が再び付着しないよう処置します。
重度歯周病の治療法

歯周ポケットが深くなるほど歯石やプラークが蓄積し、歯周病が悪化していきます、これら汚染物質を歯周ポケットから取り除き、顎の骨が溶けた部分を再生するなどの治療を行います。

汚染組織除去 骨再生治療
フラップ手術 エムドゲイン法(ゲル)
汚染組織除去 骨再生治療
局所麻酔を行った後、歯ぐきを切開して歯肉を開き、歯根部を露出させます。付着した歯肉やプラークを完全に取り除きます。 歯周病が重度化して顎の骨が大きく溶けている場合は歯や歯根膜を再生する治療が必要です。エムドゲインゲルという薬剤を用いて骨の再生を促進します。歯肉のほうが再生するスピードが速いため、骨の部分に歯肉が入って来るのを防ぎつつ治療を行います。

上に戻る